「プロデュース48」イ・ガウンとハン・チョウォンの代わりに順位捏造でIZ*ONEになったメンバーは?

 

18日、韓国裁判所は「プロデュース101」シリーズの順位捏造で脱落した12人のリストを公開した。裁判所の発表後、Mnetプロデューサーらによって脱落した練習生に対する励ましのメッセージがたくさん寄せられた。そして、順位捏造により誕生し、現在唯一活動中のIZ*ONEに対する批判が殺到した。

 

 

 

公開された被害練習生のうち、「プロデュース48」で順位捏造で脱落した練習生はイ・ガウンとハン・チョウォン2人だ。2人の実際の最終順位はイ・ガウンは5位、ハン・チョウォンは6位でデビューメンバーに選ばれたが、順位捏造によって13位と14位になって2人はデビューを果たすことはできなかった。ネット上ではイ・ガウンとハン・チョウォンの代わりに順位捏造でIZ*ONEになったメンバーを推測する内容が各オンラインコミュニティに掲載された。

 

<プロデュース48最終順位TOP20順位推移>

 

イ・ガウンの脱落は当時も順位が捏造されたという声が多かった。ハン・チョウォンがメンバーに選ばれたという事実は意外だった。ネットユーザーらは宮崎美穂や竹内美宥が選ばれると思ったようだ。2人とも終盤に急上昇の勢いに乗ったが、 事前に決めておいたIZ*ONEの日本人メンバーの名前には入っていなかった。

 

 

最後のメンバーを選ぶ放送画面ではイ・チェヨンが選ばれたが、イ・ガウン、ハン・チョウォン以外にも宮崎美穂も本当は選ばれたのでは?という意見も多かった。ところが、裁判所では脱落させられた練習生は2人だと発表したので2人の名前を推測するコメントが相次いでいる。

 

 

現在、オンラインコミュニティに掲載されて話題になっている内容。

「プロデュース48」のプロデューサーに接待した芸能事務所は、スターシップ、ウリム、エイトディだった。エイトディは最後まで接待をしていないと否定した。

▶スターシップ-チャン・ウォニョン、アン・ユジン

▶ウリム-クォン・ウンビ

▶エイトディ-カン・ヘウォン

 

放送開始前にスターシップとウリムは自社の練習生デビューの約束を取り付けた可能性が高い。でもスターシップのチャン・ウォニョンとアン・ユジンは自力でデビューできる力を持っていたので接待をする必要はなかった。しかし、ウリムの状況は違うと推測した。

順位捏造でIZ*ONEメンバーになったもう1人は、順位推移を見ればチョ・ユリ、チェ・イェナ、キム・ミンジュの中で1人の可能性が高いと見ている。イ・ガウンの順位急落が捏造と判明されただけに、順位が急上昇した人を探せばすぐに答えが出ると掲載した。

 

 

裁判所がリストを公開後、ネット上ではIZ*ONEを批判し、解散すべきだというコメントが殺到した。IZ*ONEの一部ファンクラブでも「これ以上被害者を作ってはならない」とし、IZ*ONEの解散を要求する声明文を発表した。

 

 

Metの親会社であるCJ ENMは「プロデュース事態の責任は全面的にMnetにあるので、IZ*ONEはMAMAの参加と12月7日のカムバックは予定通り行う」とし、活動強行を発表した。

 

IZ*ONEはどうせカムバックしても12月には音楽放送もほとんどなくて、授賞式もオンラインで行われるので活動を強行してもファンの前に立つことはほとんどない。その代わりに年末の地上波歌謡祭や特番に出演するのは難しいだろうと歌謡関係者は話した。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。