「MONSTA X」I.M、イスラム宗教メッセージTシャツイメージを謝罪および写真削除!

MONSTA Xのメンバー、I.Mのソロアルバムティーザーイメージにイスラム宗教メッセージが入り、所属事務所STARSHIPエンターテインメント(以下、STARSHIP)が公式謝罪した。

 

 

 

 

I.Mはソロアルバム「DUALITY」発売を控え、先立ってティーザーイメージを公開した。ティーザーイメージの中でI.Mがアラビア語「BismillahirRahmanirRahim」という文字が書かれたTシャツを着ている写真があり、海外ファンはこの文字に問題の余地があると主張した。

 

 

 

 

アラビア語「BismillahirRahmanirRahim」という意味は、「最も慈悲深く慈悲深いアッラーの名のもとに」という意味でムスリムたちが使う言葉で知られている。

 

 

 

この事実を知ったMONSTA Xの海外のファンたちはこの文句をイスラム教徒でない人が使ってはならない」とし、所属事務所に謝罪を要求した。

 

 

 

批判を意識した所属事務所は、翌日謝罪文を掲載し、該当写真を削除した。英語の謝罪文も添付し、特に海外のファンに謝罪の意を伝えた。所属事務所のSTARSHIPは15日、MONSTA Xの公式ファンコミュニティを通じ、「弊社はI.MデジタルミニアルバムDUALITYコンセプトフォトの中で宗教的意味が込められた衣装を着用した写真をすべて削除した」とし「弊社は該当衣装の文句に対する宗教的意味を認知しておらず、事前に十分な検収することができなかった。これにより不便を感じた方々に心よりお詫び申し上げる」と伝えた。また「今後、弊社は細部まで細心の注意を払い、このような問題が再発しないようにさらに留意します。心からお詫び申し上げる」と謝罪した。

 

 

 

 

I.Mを巡る議論は、海外のK-POPサイト紹介され、拡散した。特にMONSTA Xがファンが多い東南アジア一帯はムスリムが密集した地域でもある。あるコラムニストはK-POPスターズに寄稿し、「K-POPがますますグローバル化するにつれ、アイドルと企業はどちらも他国の人種と宗教について適切に教育しなければならない、多くのイスラム国家でファンを維持するためには何が適切か、そうでないかを知る必要がある」と指摘した。

 

 

 

MONSTA Xのファンたちは、STARSHIPが自分たちのミスを認めて早いフィードバックをしたことを喜ぶ一方、これからは不確実なものは使わないようにしてほしい」と強調した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。