エスパ、日本人メンバーのジゼル差別か?

SMエンターテイメント所属のガールズグループ「 aespa (エスパ)」日本人メンバージゼルが差別を受けているとファンの不満の声が上がった。ファンが怒ったのは25日に開催された年末特番「SBS歌謡大典」でジゼルだけが公式HPやSNSに顔が写らなかった。そして、芸能メディアの記事ではジゼルの顔だけをモザイク処理された写真がアップされた。

 

<ジゼルが受けた差別>

1.2020年「SBS歌謡大典」の公式写真

SBS公式インスタグラムは25日に放送された歌謡大典に出演したエスパの舞台中の写真を6枚公開した。

▶カリナの顔写真2枚

▶ウィンターの顔写真2枚

▶ニンニンの顔写真1枚

▶エスパのメンバー全員の写真1枚

SBSが公開したエスパの舞台写真にはジゼルの写真だけがなかった。

 

 

2.ジゼルの顔だけをモザイク処理

25日、ソウルオリンピック体操競技場でSMTOWNコンサート収録を終えたエスパの帰り道を報道したメディア写真にジゼルの顔だけをモザイク処理された。少なくとも2社以上のメディアでジゼルの顔だけをモザイク処理された写真を配布した。

 

 

しかも、一般人は置いておいてジゼルの顔だけをモザイク処理したメディアもあった。

 

 

3.バックダンサー扱い

「SBS歌謡大典」で披露したエスパ舞台のイントロ部分はカリナとウィンターのダブルダンスで構成され、サイドのジゼルとニンニンはバックダンサー扱いしたと批判を浴びた。SBSが外国メンバーだけを差別していると海外ファンはSBSに抗議を行った。

 

 

海外ファンはSBSの公式インスタグラムにジゼルの顔だけをアップしなかったのは仕方ないとしても複数の芸能メディアがジゼルの顔だけをモザイク処理したのは納得いかないとジゼルに対する差別をやめるように声を上げている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。