カンダニエルとジヒョ、復縁した後また別れたか?

2019年の初めから交際を始めたカンダニエルとTWICEジヒョは2020年11月10日に正式に決別した。メディアは2人が別れたことだけが報道され、別れた時期は言及されていない。しかし、昨年11月にネット上に流れた決別説が再び注目されている。

 

 

2019年11月30日に開かれた「Melon Music Awards」に参加するため、韓国を訪問したインドネシアの女優ルナ・マヤ(Luna Maya)はイベント前にカンダニエルとインタビューを行った。「Melon Music Awards」が終わった後、自身の車の中でライブ配信を行った。この時、ルナ・マヤは「この内容を流出しちゃうかな?カンダニエルはシングルだよ。TWICEジヒョと別れた。ここの人たちにだけ秘密だよ」と話した。

 

 

 

また、ルナ・マヤは他の個人放送ではカンダニエルの所属事務所関係者側から2人の決別の事実を直接聞いたと話したが、別れた理由については説明しなかった。この当時は証拠もなくデマを流すのはやめてほしいと批判を受けた。

 

ルナ・マヤのライブ配信から数日後の12月4日、カンダニエルはパニック障害とうつ病により活動中止を宣言し、ジヒョもMAMA(Mnet Asian Music Awards)授賞式中に席を外す事態が発生した。2人のトラブルは別れが原因だったと推測されている。ルナ・マヤの話が本当なら2人は復縁した後、また別れた可能性がある。

 

今年10月26日に発売されたTWICEの2枚目のフルアルバムの中で3番トラック「UP NO MORE」はジヒョが作詞した。今回のアルバムの作詞に参加した TWICEのメンバーたちが作詞した曲についてコメンタリーする映像が話題になっているが、この映像でジヒョは「歌詞を書いた当時、不眠症のせいで とても大変だった。その当時の心境を歌詞に書いた。この曲を(聴いて頂く方たちが)共感できればと思った」と歌詞を書いた理由を明らかにした。

 

 

ジヒョは不眠症で苦労したと話したが、別れが原因で眠れなかったのではないかとファンの間では言われている。しかし、ジヒョは歌詞を書いた当時だと過去形で話した。今は不眠症を治したのかもしれない。

 

 

今回のTWICEカムバック活動では表情もいいし、顔ももっときれいになった。時間が過ぎることで傷は癒やされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。