中国にBTS ヴィの名前にちなんだ学校ができる!

BTSヴィの名前で中国に小学校が建てられる見通しだ。

 

韓国メディアによると11日、BTSヴィの中国最大のファンクラブ「BAIDU V BAR」は「テヒョン希望小学校」の設立を公式発表した。

「Glimmer(小さな光)」というタイトルが付けられた今回のプロジェクトは、中国のファンたちがヴィの誕生日を祝うために集めた誕生日募金の一部を公益事業に寄付して実現した。

 

希望工程は、中国の貧困地域や農村地域の教育環境改善のための公益プロジェクトで、中国青少年発展基金が民間寄付金を集めて繰り広げる事業だ。韓国のサムスン電子、LG化学、ハンファ、アシアナ航空、斗山(トゥサン)インフラなど、中国で活動する多くの企業がこれまで同基金を通じて小学校支援事業に参加してきた。

 

子供たちに安全かつ幸せに育つことを願い、ヴィの善い影響力が伝わることを願う気持ちを込めた「テヒョン希望小学校」は2020年の完成を目標に設立地を探しており、「BAIDU V BAR」は今後の詳しい進行状況を公開する予定だ。

 

 

ヴィの中国ファンクラブはこれまで世界初の航空機内芸能人映像広告、芸能人初の「ソウルクリスマスフェスティバル」公式後援、国内初の2000カ所余りの地下鉄電子スクリーンの同時広告など超特急誕生日サポートはもちろん、様々な公益事業と寄付活動に参加してきた。

 

最近では中国陝西省南西部の曹渓村(Zhaoxi Village)に劣悪な通学環境の小学生のためにヴィの本名であるキム・テヒョンの名前を付けた長さ100mの道路「キムテヒョン路」と長さ10mの橋「キムテヒョン橋」を作り、ヴィの名を輝かせた。この道路と橋は「キムテヒョンサランギル(愛の道)」と名付けられた。

 

 

「バンテアートスクール」(「バンテ」はヴィが写真作業物をファンと共有する際に使用する芸名)という名前で湖北省Anlu小学校の児童に美術教室をプレゼントし、新型コロナウイルス対応のために7万枚の医療用マスク(100万円相当)と医療品を武漢の医療スタッフと病院に緊急輸送し、救援の温情を伝えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。