超新星メンバー2人、フィリピン遠征賭博疑惑で逮捕!

アイドルグループ「超新星」メンバー2人が遠征賭博の容疑で警察に逮捕された。

9月14日、韓国仁川地方警察庁の広域捜査隊によると、賭博などの容疑でアイドルグループ「超新星」メンバーA氏とB氏を逮捕し、現在捜査を進めている。

 

 

 

韓国メディアによると、彼らは、2016年から2018年にかけて、フィリピン現地のカジノで、いわばバカラ賭博を行った容疑を受けている。

警察は容疑者らが賭博で使ったお金が約500万円に達すると見ている。

 

容疑者らは、警察の取調べで大半の容疑を認めたという。しかし、「賭博が目的ではなくフィリピンへ行ったが、偶然賭博をすることになった」と述べ、遠征賭博疑惑を強く否定している。警察は「別件捜査をする途中、超新星メンバーA氏とB氏の疑いが確認された」とし「正確な経緯は捜査中」と述べた。

 

警察は、ほかに遠征賭博者がいるかどうかも調べている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。