aespa「Black Mamba」MV、パクリ疑惑が浮上!

SMエンターテインメントで11月17日にデビューする4人組ガールズグループ「エスパ(aespa)」のデビュー曲「Black Mamba」のミュージックビデオのティーザー映像が公開された。

 

 

15日午前0時、YouTubeのSMTOWN公式チャンネルやaespaのTwitterなど公式SNSにはデビュー曲「Black Mamba」のミュージックビデオのティーザーが公開された。映像にはaespaメンバーのKARINAと韓国トップモデルのチャン・ユンジュが登場し、注目を集めた。また、2人が一緒に撮ったティーザー写真も公開された。

 

SMエンターテインメントによると、「Black Mamba」にはaespaの世界観ストーリーが盛り込まれている。aespaとアバター「アイ(ae)」のつながりを妨げ、世の中を脅かす存在が「Black Mamba」だということを知って繰り広げられる冒険を歌詞で表現したと伝えた。

 

しかし、aespaのデビュー曲「Black Mamba」のミュージックビデオのティーザーが公開された直後、オンライン上では「Black Mamba」のパクリ疑惑が浮上した。ミュージックビデオのすべての構成を様々な作品からパクったという疑惑が浮上した。

 

 

<パクリ疑惑が浮上した映像部分>

MVの地下鉄の構図や花畑、蛇の素材などすべてパクリ疑惑が浮上。

原作者がaespaのアカウントをフォロワーとタッグして「aespaが私の作品をそのままパクった」と主張した。

 

原作者は自身のSNSに「多くのメッセージを受けた。彼らは私に(ソースを使ってもいいか)聞いたことがないし、私は彼らと一緒に仕事をしなかった。彼らは私の作品をパクったようだ」と話した。

 

 

<原作者の作品>

 

 

<aespaのMV>

低い位置から蝶を追って移動するようなカメラムービングに注目。

地下鉄のデザインからして非常に似ている。MVに登場する地下鉄の内部は韓国の地下鉄と違う。薄い鉄棒のようなものが、上と横のラインにいくつかある構図が一致。黄色が基本的なベースであることも一致。ちなみにあの原作者は地下鉄をベースにした作品が多い。

 

 

色違いのバージョンだが、原作者が普段どのような地下鉄の内部をデザインしているかが分かる作品。上の写真を見ると椅子のデザインさえも同じ。「地下鉄と花はどこかで見たような気がする」 などのコメントも多かったが、今まで原作者の作品の他に同一類似素材の作品は見つからなかった。

 

 

<原作者の作品>

 

 

 

<aespaのMV>

 

 

 

<原作者の作品>

単純にサイバーパンクstアイデアではない。IOSにウィンドウを組み合わせるという斬新な発想。

 

 

 

<aespaのMV>

ヴィランがaespaを妨害するために、ギャラクシーフォンに IOSエアドロップ浸透 。aespa世界観も原作者のアイデアまでパクったのではないかという疑惑もある。

 

 

 

<MVに煙幕、蛍光色鬼などの表現が出た理由>

アカリのスキル「黄昏のカーテン」。煙幕弾を床に設置し, 煙幕の中から現れては消えた 敵をかく乱するアカリの象徴そのものであるスキル。

 

 

煙幕弾をロッカースプレーに置き換えて MVの中のアカリがずっと持ち歩いていたり、消えたり、現れたりする演出もアカリゲームプレイをパクって作ったものと見られる。このゲームをしたことがある人たちなら見た瞬間すぐに分かった。ゲームと連動した演出であることを。

 

 

しかし、このような説明を全部外して急に新人ガールズグループのMVに 蛍光色の蛇怪物が現れる。

 

現在、オンライン上では詳細な証拠写真や映像が話題になっており、これに対するSMエンターテイメントがどのように対応するのか注目が集まっている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。