aespaショートカットに変身、ジゼルを再び差別!

aespaメンバーニンニンが13日、新しいヘアスタイルを「Bubble」で公開した。「Bubble」は、SM子会社が開発・運営するコミュニケーションプラットフォーム。

 

 

 

aespaメンバーたちは最近までロングヘアスタイルを維持していたが、ニンニングがレッドカラーのロングヘアからショートカットに変身した。公開された写真のニンニンは、ロングヘアからショートカットに変身し、髪色も茶色に染めるなど新しいヘアスタイルをファンに披露した。

 

 

 

ニンニンは新しいヘアスタイルについて「かつらじゃない、本当の髪」と話した。また、腕と鎖骨の下に見えるタトゥーについてはこれはステッカーだが、本当のタトゥーを入れたいとタトゥーを希望していることを明らかにした。中国国籍でaespa外国人メンバーであるニンニンはaespaメンバーの中で一番年下の最年少でもある。そんなニンニンはデビューして間もないのにすでにタトゥーを入れたいと話し、ファンを心配させた。

 

 

 

先輩ガールズグループTWICEの最年少であるチェヨンも様々な所にタトゥーを入れ、ファンを心配させた。ニンニンもチェヨンのようにタトゥーをたくさん入れてファンを心配させるのではないかとファンからはやめてほしいという書き込みが相次いでいる。

 

 

 

本日午後、aespaの「Glass Magazine」 カバー写真が公開された。「Glass Magazine」 カバー写真が公開された後、オンラインコミュニティを中心に再び外国人メンバーのジゼルを差別したという不満が出ている。写真を見るとaespa韓国人メンバーのカリナとウィンターを前面に出し、外国人メンバーニンニングとジゼルは後ろに配置した。

 

 

 

ジゼルファンを怒らせたのはジゼルは後ろに配置されただけでなく顔がはっきりと見えない。これにジゼルファンたちはカリナとウィンターの良さを目立たせるための脇役に過ぎないとこれ以上ジゼル差別をやめてほしいと訴えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。