aespaジゼル、コネ入社の疑惑が浮上!

ガールズグループaespaジゼルはaespaのメンバーの中で最も存在感が薄いと言われているが、最近コネ入社したという疑惑が浮上した。この数日間、SMエンターテインメント創業者イ・スマン会長が50代女性記者に約5億円相当のマンションを贈与して多くの話題を集めた。この女性記者は外国メディアの韓国特派員であるチョ・ジュヒで、2人は婚姻届だけを出していないがここ数年間同居している事実婚の関係であることが明らかになった。

 

イ・スマン会長とチョ・ジュヒの同棲説が浮上した後、オンライン上ではaespaジゼルの名前も一緒に言及されている。ジゼルの名前が一緒に言及されている理由は、イ・スマン会長と同棲説が浮上したチョ・ジュヒはジゼルの叔母として知られている。

 

 

チョ・ジュヒ記者はジゼルの叔母として知られているのでジゼルがaespaメンバーとしてデビューできた理由はコネ入社したからだというコメントが相次いでいる。

 

 

日韓ハーフのジゼルはaespaのメンバーの中で練習生の期間が最も短い。2020年初めからSM練習生を始めて11ヵ月ぶりにデビューを果たした。

 

 

 

SMルーキーズだったコウン、ラミー、ヒナの練習生期間はコウン 9年、ラミ6年、ヒナ5年という長い時間をかけて練習生で頑張ったが、結局デビューを果たすことができなかった。

 

 

 

SMルーキーズと比較して、ジゼルの練習生期間は異例的に短かったにもかかわらずデビューに成功したのだ。長期間SM練習生としてデビューを準備していた有力練習生たちはaespaのメンバーから脱落してSMを退社した反面、練習生期間がまだ1年も経っていないジゼルがaespaに抜擢されてデビューできた理由が叔母であるチョ・ジュヒ記者がイ・スマン会長と事実婚関係が大きな役割を果たしたと見ている。aespaデビュー当初、ジゼルは「aespaメンバーには相応しくないという話が多かったが、メンバーに抜擢された理由が今明らかになった」とし、「ネットユーザらはやっと納得した」とコメントを残している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。