BLACKPINKの「How You Like That」をカバーしたEVERGLOWが批判される理由!

最近オンラインコンサートでガールズグループEVERGLOWは先輩グループBLACKPINKの曲「How You Like That」をカバーしたが、オンラインコンサートが終わった後BLACKPINKファンから批判を浴びた。

 

 

 

 

10月16日、K-コンタクトシーズン2初日公演に出演したEVERGLOWは、直接録音までしたBLACKPINKの「How You Like That」のカバーステージを披露した。EVERGLOWがBLACKPINKファンから批判を浴びている部分は、曲の導入部に出てくるBLACKPINKのシグネチャーサウンドを勝手に変えたことで批判を浴びている。

 

 

 

EVERGLOWはカバーステージでBLACKPINKのシグネチャーサウンド「BLACKPINK IN YOUR AREA」を「EVERGLOW IN YOUR AREA」に変更して歌った。

多くの海外BLINK(BLACKPINKファン)がこの問題を指摘し、シグネチャーサウンドはそのまま使用しながら、グループ名だけを勝手に変更したことについて批判している。

 

 

EVERGLOWはデビュー以来、グループのコンセプトと曲の雰囲気がBLACKPINKに似ていると言われている。「コスプレで名声を博し、スローガンさえもパクる」という糾弾が多くのBLINKの同意を得ている中、ファンの一部は主催側の要請かもしれないという反論もある。

 

 

 

 

 

BLINKが怒るのも当然かもしれない。曲をカバーする時は原曲のままカバーするのが先輩グループに対する最小限のマナー。BLACKPINKのシグネチャーサウンド「BLACKPINK IN YOUR AREA」だけを変えて、変えた部分に自分たちのグループの名前を入れるのは先輩グループに対する失礼な行動だと批判を浴びている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。