BLACKPINKジス、ギャラクシー契約が終わるとiPhoneを公開して批判殺到!

最近ガールズグループBLACKPINKのメンバーらが、三星電子との契約終了と共に、「iPhoneを使う」という書き込みが、オンライン上で急速に広まり、批判が殺到した。しかし、これは事実ではないことが明らかになった。12日、各オンラインコミュニティには、「契約が終われば容赦なし」というタイトルと共に、ギャラクシーエディションモデルだったBLACKPINKがスマホをiPhoneに機種変更したと掲載された。

 

 

 

ネットによると、BLACKPINKメンバーのジスは今月10日、自分のインスタグラムに「うわーやっと変えた。newphone, cute case」という説明と共にiPhone13のユーザーであることを自慢した上に、「契約が終われば容赦なし」とジスの行動を批判した。ギャラクシーエディションモデルだったBLACKPINKが、一斉にiPhoneに機種変更したという点で、この掲示物は注目を集めている。

 

 

 

これを巡り、一部のネットユーザーらは、ジスのSNSの投稿は、BLACKPINKが三星電子のモデルだったので、やむを得ずギャラクシーを使ったという誤解を招きかねないことを指摘した。また、長年ギャラクシー広告モデルを務めたのにこんなにバッサリ切る姿を見て恩知らずのBLACKPINKメンバーはこれから三星電子のモデルにしてはダメという批判の書き込みが殺到した。

 

 

 

一部ネットユーザーらがBLACKPINKに怒っている理由は、ギャラクシーとの契約中、コンサートでファンらが自撮りをしてほしいと要請した時、BLACKPINKメンバージェニーは、「iPhoneで撮影はできない」とし、「ギャラクシーだけ可能だ」と話し、話題を呼んだ。ここまで徹底的にギャラクシーモデル活動をしたBLACKPINKが契約終了後すぐにiPhoneに乗り換えたのを自慢する行動は批判されても仕方ないと怒っている。

 

 

 

しかし、BLACKPINKをモデルにしたギャラクシーA80の広告が始まったのは2019年7月で、BLACKPINKと三星電子の契約は2020年8月に終了した。それから1年も過ぎた後のジスの発言は、ギャラクシーとは関係なく、品切れに注文が遅れたiPhone13の発売が待ち遠しいという意味に解釈される。残りのメンバージェニーとロゼも既に自分がiPhoneのユーザーであることをSNSですべて明らかにした状態。実際にロゼは2020年10月、自身のインスタグラムにはiPhoneを使って鏡に写った自撮りを公開した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。