BLACKPINKリサ1位を逃すと、1位の歌手に悪質なコメントが殺到!

歌手イ・ムジンがSBS音楽番組「人気歌謡」でリサを抑えて1位になった後、自身のSNSはYouTubeのコメントにはBLACK PINK海外ファンたちの悪質な書き込みが殺到している。

 

 

 

9月19日放送されたSBS「人気歌謡」1位候補にはBLACK PINKリサ「LALISA」、イ・ムジン「信号」、aespa「Next Level」この3曲が挙がった。リサはアルバム販売量、MV再生数(SNS)、リアルタイム投票ですべて満点だったが、音源点数(473点)が低すぎて2位にとどまった。一方、一番比重の高い音源で満点(5500点)を得たイ・ムジンが1位を獲得した。

 

 

 

1位発表の現場に直接出演したリサは明るい表情でエンディングを迎えたが、1位発表の現場に出演もしなかったイ・ムジンが1位を獲得するとリサのアンコール舞台を披露する機会がなくなったとBLACK PINKファンたちは結果に怒り、イ・ムジンのSNSとYouTubeチャンネルの書き込みに悪質な書き込みを付けた。

 

 

 

イ・ムジンのMVは2021年5月から公開されているが、9月19日からコメントに悪質な書き込みが急激に増えている。悪質な書き込みはほとんど英語で書かれており、中にはタイ語とベトナム語もある。悪質な書き込みを付けた人はほとんどBLACK PINKの海外ファンと推定される。

 

 

 

悪質な書き込みの内容は、「この歌は普通過ぎて聞き飽きる」、「イ・ムジンが誰なのか分からないし、彼の歌である信号は1位の資格がない」、「リサは世界的な歌手です」、「韓国で人種差別をしている」など、ほとんどがイ・ムジンと1位曲を批判しながら、リサが韓国人ではないから人種差別されていると主張した。

 

イ・ムジンが「信号」という曲で1位を獲得したのは、今回が初めてではない。この曲はこれまで韓国音楽配信チャートでシンドロームを起こし、音楽放送の活動や発売アルバムがないにもかかわらず、1位を3回も獲得した。

 

 

 

BLACK PINK海外ファンの過度な悪質な書き込みに多くのネットユーザたちはタイのファンとリサの東南アジアファンの行動を批判し、1位になれなかったのは、イ・ムジンの歌がもう少し良かったからだ。リサが1位になれなかったのを人のせいにするのは酷いとBLACK PINK海外ファンの態度を批判した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。