BTS、入隊延期が可能になるか兵役法改正推進!

9月1日、政府与党が国家の地位を高めた大衆文化芸術家とeスポーツ選手に対する徴集・召集を30歳まで延期できるようにする兵役法改正を検討していることが分かった。さらに、与党である民主党のチョン・ヨンギ議員は、文化体育観光部の提案を受け、このような内容の兵役法改正案を今週中に発議する予定だという。現行の兵役法は、高校以上の学校に通っている学生、司法研修院などの研修機関の研修生、国威宣揚のための体育分野の優秀者に対してだけ入隊延期を認めている。

 

BTSメンバーの中で最年少のジョングクはグローバルサイバー大学に在学中で、残りのメンバー6人は漢陽(ハンヤング)サイバー大学大学院に進学した状態だ。2018年に改正された兵役法によって、28歳以上の兵役未了者が大学院進学を理由に入隊延期ができなくなり、1992年12月生まれで今年28歳になる最年長ジンは特別な延期事由がない限り入隊が遠くない状況だ。

 

今回の改正案には、文体部長官が大衆文化芸術分野の優秀者、またはeスポーツ分野の優秀者を推薦すれば、該当対象者が30歳まで入隊延期が申請できる内容が盛り込まれるという。推薦を受けることができる資格としては、「関連分野で3年以上従事し、国家と社会発展に寄与した功労が認められ、政府の勲章・褒賞を受けた者」などが検討されている。BTSは2018年に韓流拡散の功労を認められ、花冠文化勲章を受けている。

 

このような内容の兵役法改正案を今週中に発議する予定の民主党のチョン・ヨンギ議員は、「兵役延期は免除や特例とは全く違う問題だ。20代に花を咲かせることができる職種、こうした新しい職種においては、入隊を延期する権利を与えなければなりません」と伝えた。

 

兵役法改正案が国会で発議され、通過できればBTSメンバージンの入隊延期ができる可能性が出てきた。また、最近兵役特例対象にBTSメンバーを含めてほしいという大統領府国民請願が上がって、関心を集めている。

 

 

 

放送作家ク・ジャヒョン(66)作家は、2日「文在寅(ムン・ジェイン)大統領様、BTSに兵役特例をください」という内容の国民請願を掲載した。ク作家は請願で「例外なく新型コロナウイルス感染症でマスクをつける厳しい状況の中でも幸福感に浸っている。その理由の一つは世界で最もホットなバンドBTSがあるためであり、韓国人として誇らしく幸せな理由は彼らの新曲『ダイナマイト』がビルボードで1位になったため」と説明した。

 

 

ク作家は「BTSの歌には愛と平和があり、彼らには全世界の人々を涙させる世界一の魅力的なパフォーマンスがある。同世代が共感する真摯な音楽、華やかなパフォーマンス、親しみやすいコミュニケーション方式などで世界のファン層を築いていき、世界で最も影響力のある歌手になった、新型コロナで大変な時期に国民に慰めと希望を与えた人々に国民と国家が応えるべきだと思う」と述べた。

 

今回のBTSの快挙と兵役免除国民請願を契機に、彼らの兵役特例問題が再点火するものとみられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。