BTS、30歳までの入隊延期が事実上確定!一部ネットユーザーは批判…

BTSメンバーの入隊延期が事実上確定した。大衆文化芸術の優秀者として国威宣揚に寄与したと認められる人が、軍徴集と召集を30歳まで延期することができるようにした兵役法改正案が、国会法制司法委員会を通過した。

 

韓国国会は、30日午後に全体会議を開き、大衆文化芸術分野の優秀者で国家の地位と品格を高めるのに大きく貢献したと認められる人は、軍徴集と召集延期を30歳まで延期できるようにした兵役法一部改正法案を議決した。今月20日、国会国防委員会を通過したのに続き、兵役法改正が「一瀉千里」で行われる格好だ。

 

この兵役法改正案は民主党議員が今年9月に発議した。兵役法改正案を発議した理由について、「BTSのように国威宣揚した芸能人の兵役延期を許容しなければ、機会剥奪だけでなく国家イメージ向上の観点でも不合理だ」と主張し、このような法案を発議したと伝えた。

 

これを受け、兵務庁など軍当局はこれまで大衆文化芸術分野優秀者の軍徴集と召集延期のための兵役法改正を推進してきた。兵務庁は先月、国会の国政監査で「大衆文化優秀者の大衆文化芸術活動を保障し、国家イメージを向上させるために兵役法改正を推進中」と説明した。

 

 

入隊延期ができる資格は文化勲章授与者のうち、文化体育観光部長官が推薦した者だ。もし、BTSなど大衆文化芸術優秀者本人が入隊延期を希望し、文化体育観光部長官が彼らを入隊延期者として推薦した場合、軍入隊延期が可能になる。

 

これによって、BTSのメンバーのうち最年長であるジン(本名キム・ソクジン、1992年生)は30歳になる22年まで入隊を延期することができるようになった。同時に、これまで絶えず提起されてきた兵役特例差別をめぐる議論も収まるものとみられる。

現行の兵役法によると、芸術・体育分野の優秀者は政府が指定した国際大会で一定順位以上入賞すれば、芸術・体育要員に編入される一種の兵役特例を受けることができる。しかし、この芸術分野の優秀者には「純粋芸術」だけが含まれており、BTSのように大衆音楽従事者には差別的ではないかという批判が提起されてきた。

 

兵役法改正案は、来月3日に開かれる国会本会議に付議される。その後、大統領令で施行令が改正されれば、最終的に兵役法改正が確定される。

 

 

しかし、軍徴集と召集を30歳まで延期することができるようにした兵役法改正案が、国会法制司法委員会を通過したことを受け、一部ネットユーザーらはBTSのために特別法案まで作って通過させたと批判している。一部ネットユーザーらは自分が好きなアイドルは入隊延期の対象にならないのにBTSだけを入隊延期させるために文化勲章授与者のみに限定したと批判した。

 

現在、ネット上では兵役法改正案を支持するBTSファンとネットユーザーらの対立が深まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。