BTSジョングク、高級マンションを実兄に贈与!

BTSの最年少ジョングクが実兄に3億5千万円台の高級マンションを贈与した事実が分かった。受贈者であるジョングクの実兄チョン・ジョンヒョン氏はインスタグラムで「チョンハサ」というニックネームで活動し、自分で描いたBTSメンバーの絵を公開してBTSファンであるアミ(ARMY)の間で有名だ。

 

 

不動産登記部によると、BTSジョングクは2018年7月、ソウル聖水洞1街のソウル森トリマジェ17階建てマンションを約1億8千万円で購入し、翌年7月に竜山洞5街の竜山シティパーク17階建てマンションを約2億9千万円で購入した。1997年9月生まれのジョングクが、20歳の若さで自ら金を稼ぎ、マンション2軒を保有することになったのだ。マンション購入当時、ジョングクはソウルの森トリマジェマンションに住所地を置いていた。ジョングクは、ソウル森トリマジェマンションを購入して2年3ヵ月後の昨年10月、約2億で売却した。このマンションの相場差益は約1千万円で、取得税や譲渡税などの不動産関連税金を考慮すれば、譲渡差益は多くないほうだ。

 

 

 

それから2ヵ月後の20年12月、ジョングクは所属事務所のHYBE本社から直線距離で480メートル離れた龍山シティパーク17階のマンションを実兄のチョン・ジョンヒョン氏に贈与した事実が、後になって確認された。チョン・ジョンヒョン氏は1995年6月生まれで、ジョングクとは2歳違いだ。チョン・ジョンヒョン氏は、龍山シティのマンションを贈与された当時、このマンションに住民登録上の住所を置いていた。 ジョングクが、ソウル森トリマジェマンションを売却した後、実兄と共に龍山シティパークに居住したかどうかは、まだ明らかになっていない。

 

 

 

ジョングクが実兄に贈与したマンションと同一条件のマンションは、現在売買相場が約3億5千万円に達する。チョン・ジョンヒョン氏が贈与税をどのように準備したかは、まだ確認されていない。 一方、このマンションは南東向きに建てられており、4LDKになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。