BTSメンバーの軍入隊を控え、所属事務所BigHitが準備した計画!

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、海外ツアースケジュールが全て延期とキャンセルになったBTS。

最近、活動ができないBTSメンバーの軍入隊の話が再び話題になっている。

 

アイドル軍入隊問題が国政監査で取り上げられ、兵役特例議論まで進められた。これまで韓国を代表する多くのアイドルスターたちの名前が挙げられたが、BTSのように兵役問題でスポットライトを浴びたアイドルグループはなかった。それほどBTSの人気は世界トップクラスだ。

 

 

ニューアルバムをリリースする度に、韓国を越えて世界から注目が集まる。カムバックする度に、ビルボードチャートのトップに立ち、現在、世界で最も人気のあるグループだという存在感を得ている。しかし、そのようなBTSも避けて通れないのが兵役だ。特に昨年11月に発表された「兵役代替服務制度改善案」でアイドルスターが軍免除対象から除外され、BTSのメンバーがいつ入隊するかに関心が集まっている。

 

 

入隊の話が最も多く取り上げられているのはBTSの最年長ジンだ。ジンは1992年12月4日生まれだ。2018年5月の兵役法改正後、28歳からは特別な理由なく兵役延期はできない。このため、今年だけでWINNERイ・スンフン、Block Bユグォン、PENTAGONジンホ、俳優のヤン・セジョンなど1992年生まれたちの入隊が続いた。このため、ジンは今年の年末、遅くても来年の3月までには入隊するのではないかと予想されている。

 

特にBTSは、ジンと最年少のジョングクの年の差が5歳にもなり、軍入隊による空白期が長くなるしかない。最年長と最年少の年の差が5歳だったスーパージュニアの場合、メンバーの軍服務で完全体になるまで10年もかかった。

 

 

◈BTSの所属事務所BigHitエンターテインメントが合併や買収を急いだ理由

現在、上場を控えているBigHitエンターテインメント(以下、BigHit)で、BTSが売上に占める割合は90%以上と言われている。メンバーの軍入隊後のBigHitはどうなるか。

 

BigHitのBTSへの依存度は相当なものだが、昨年デビューしたTXTの成功的な活動や昨年買収した「Source Music」、今年買収した「PLEDISエンターテインメント」を通じて、GFRIENDやSEVENTEEN、NU’ESTが所属歌手になり、ラインナップが多様化した。これに今年第4四半期にはCJENMの共同会社「BELIF+」でデビューする新人ボーイグループ、来年は新人ガールズグループ、2022年には新人ボーイズグループのデビューが予定されている。

 

証券会社の関係者は「今年のBigHitの売上を約457億円、営業利益は約68億円を期待しながら、2018年までBigHitはマネージメントのほか事業が全体売上の5%未満に過ぎなかったが、昨年は20%まで成長した」とし「プラットホーム、公演制作、IP(知的財産権)ライセンスなどに多角化したマネージメントのほか持続可能な成長が期待できそうだ」と話した。

 

BigHitは今年5月28日、上場予備審査請求書を韓国取引所に提出した。これを受け、BigHitのKOSPI(韓国総合株価)上場は3-4カ月後に迫っていると証券業界の観測だ。BigHitの企業価値は、簡単に見積もっても2710億円、最大4519億円までと予想されている。現在、エンターテインメントの中では最も大きいと言われてSMエンターテインメントの時価総額が576億円(6月5日終値基準)であることを考慮すれば、一気にトップの座を獲得することになる。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ツアーの募客などが厳しくなり、売り上げに打撃を与えたものの、アルバムや音楽の販売率は堅調で、さらにガGFRIENDやSEVENTEEN、NU’ESTなど、新たに加わったミュージシャンらの活躍を考慮すれば、BigHitの来年の営業利益は163億円前後と期待されている。

 

 

◈BTSメンバーのソロ活動

シュガが一人で披露したミックステープが、ビルボードチャートで収めた成績もまた、数人のメンバーの軍入隊後に行われるBTSのソロ活動に期待を膨らませる部分だ。

 

シュガが「Agust D」という名前で発表したミックステープ「D-2」は「ビルボード200」チャートで11位となった。タイトル曲の「大吹打」は「ホット100」チャートで76位を記録した。韓国のソロ歌手アルバムがビルボードのメインアルバムチャートとメインシングルチャートに一緒に進入したのはシュガが初めてで、ビルボードのメインアルバムチャート記録も韓国ソロ歌手の中で最高順位だ。

 

 

シュガのほか、RMやジェイホープも引き続きミックステープでソロアルバムを公開している状況。さらに活躍が期待できるのはジミンと、ヴィ、ジョングクのソロアルバムだ。彼らが本格的にソロアルバムを発表する場合、一人一人でも十分ツアーが可能になると予想されている。

 

しかし、BTSの一部ファンたちは入隊するなら空白期を減らすためにBTSメンバー全員が同じ時期に入隊し、除隊するのが最も望ましいという意見もある。BTSの最年長ジンの入隊時期により、今後のBTS活動方向性が決まると見ている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。