BTSヴィ&シュガ、やめたいのに悪い習慣を断ち切れない!

 

BTSヴィとシュガは同じ悪い習慣を持っている。

その悪い習慣を断ち切るために努力はするが、習慣化してしまった行動を止めるのは難しく、一度は断ち切ったはずの習慣が数日で元に戻ってしまった。

 

BTSヴィとシュガが直すために努力している悪い習慣とは?

 

 

4月25日、シュガはTwitterにファンの質問に答える「シュプディに聞いて」というQ&Aを一時間ほど行った。

あるファンはシュガに「直したい習慣があるか」と質問した。

 

シュガは爪を噛む習慣があって、それを直すために薬を爪に塗ってみたが、その習慣が中々直らないと告白。

 

 

そして、シュガに対する別の質問は、

 

2019グラミーアワードのリハーサルをする間、アリアナ・グランデと一緒に写真を撮ったが、なんでシュガーだけがその場にいなかったのか 気になると質問した。

この質問にシュガは、「正直に来るとは思わなかった。次のスケジュールがあって移動したが、後から 来たと言われた。写真を見て驚いた。5分早く来たら会えたのに」と答えた。

 

 

 

シュガーと同じくヴィも自分が直したいと思う習慣を持っていると話した。

4月20日、BTSファン·コミュニティー「Weverse」にあるファンが以下のような悩みを残した。

テテお兄さん、私は爪を噛む習慣がありますが、そうすれば直りますか?

 

ファンの質問にヴィも「私もあります。どうすれば直ります?」と逆に質問した。

 

 

 

 

 

 

爪を噛む癖を「咬爪癖(こうそうへき)」または「咬爪症(こうそうしょう)」という。子どもによく見られるが、大人になっても癖が治らず噛んでいる人も多い。

ヴィとシュはも爪を噛む同じ習慣を持っている。

 

大人になっても噛んでいる場合、デリケートな人、神経質な人、またメンタルが未熟な人に多い癖と言われている。

仕事や人間関係でストレスが溜まっていたり、イライラしたりしている時に、爪を噛むと心が落ち着くという。

子どもの頃から続いている癖を直すのは大変だが、2人とも悪い習慣を断ち切って爪を噛む習慣を直し、美しい爪をファンに自慢してほし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。