BTS所属事務所の対応に批判殺到、ジェヒョン&チャ・ウヌ番組降板を要請!

 

BTSジョングク、ASTROチャ・ウヌ、NCTジェヒョン、SEVENTEENミンギュが「梨泰院アイドル」であることが分かり、謝罪したが批判が続いている。

 

4人の所属事務所は18日、それぞれ公式発表を通じて、新型コロナウイルスの感染者が続出した梨泰院にいたアイドルは4人であることを認め、「ソシャルディスタンス」を守らないなど社会的努力に参加しなかったことについて謝罪した。

 

ジョングク、チャ・ウヌ、ジェヒョン、ミンギュは「いずれも4月25日、梨泰院所在の飲食店と居酒屋に行ったのは事実だが、集団感染が確認され、問題になったクラブは訪問しておらず、感染者が確認された時点とも違う」と釈明した。4人は梨泰院を訪問した後、選別診療所にて新型コロナウイルス検査結果、陰性判定を受けた。

 

これと共に4人は「社会的距離をたもつための社会的な努力に忠実に参加しなかった点を深く反省している。ご心配をおかけして申し訳ございません」と謝罪し、所属事務所も頭を下げた。

 

しかし、オンライン上では4人に対する批判は続いている。問題になったクラブには行かなかったが時期が時期だけに、「ソシャルディスタンス」が強調された時期に飲み会を行ったことに対し、批判が相次いでいる。

 

 

特に、このような事実を隠して活動を続けたチャ・ウヌと、ジェヒョンへの批判が多い。新型コロナウイルス検査結果が陰性でも潜伏期を考慮すると、少なくとも2週間は自宅隔離するべきだったが、カムバックと相まっていつものように活動を行った。チャ・ウヌが出演中のSBSバラエティ番組「執事部一体」の掲示板にはチャ・ウヌの降板を要求するコメントが殺到した。また、SBS音楽番組「人気歌謡」のMCを務めるジェヒョンの降板要求も相次いでいる。

 

今回の件で最も批判を受けているのはBTSの所属事務所BIGHITエンターテイメントだ。

韓国メディア「Dispatch」が取材のためBIGHITエンターテイメント(以下、BIGHIT)に問い合わせした時、「所属アーティストのプライバシーのため、確認不可」と回答した。

 

 

批判が続くと、BIGHITは5日ぶりに謝罪した。もはやアーティスト個人のプライバシーと決め付けることができなくなったのだ。4人は、遊興施設への訪問時期を理由に、5月初めの感染者発生で問題になった場所には行かず、最初の感染者が梨泰院に行った日付より約1週間前に訪問をした」と強調し、政府の指針に従って、自主的に新型コロナウイルス検査を受けるなどの措置を取り、対外的に知らせることができなかった」と釈明した。

 

BIGHITは当時、疑惑が浮上した時ジョングクが梨泰院に行ったことや新型コロナウイルス検査を受けたことを認め、謝罪していればここまで問題が大きくはならなかった。この件を隠そうとしたのがかえって毒となって批判が強まっている。

 

大きな愛には大きな責任が伴う。多くのファンに失望を抱かせた今回の事件を彼らが重く受け止めるほど、より良いアーティストになれる。

 

 

 

「BTS所属事務所の対応に批判殺到、ジェヒョン&チャ・ウヌ番組降板を要請!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。