BTS ジョングク&Cherry Bulletチェリン、2人はどういう関係?

BTSジョングクとCherry Bulletチェリンの関係が再び話題になっている。チェリンがCherry Bulletメンバーとしてデビューした時も一度話題になったが、最近オンライン上では2人の関係についてデマが流れている。2人の関係についてデマが一気に拡散された理由は、昔一緒に撮った写真が原因だった。

 

 

 

写真の中のジョングクの横に一緒に歩いている女の子がCherry Bulletチェリン。

 

 

 

写真を撮った時期は2012年で、場所はアメリカにあるユニバーサルスタジオ。当時ジョングクは15歳、チェリンは10歳で今から9年前の話になる。2人がアメリカのテーマパークに一緒に遊びに行った理由が気になるファンは多いはず。気になる写真は、2人は当時同じBig Hitエンターテインメントの練習生だったし、ダンス研修を受けにアメリカに行った時他の練習生たちと一緒にテーマパークに行って撮った写真。

 

 

 

ジョングクは当時1ヶ月間アメリカでダンス研修を受けた後翌年の2013年、BTSメンバーとしてデビューした。チェリンは2011年からBig Hitの練習生だった。また、BTSメンバーにダンスを教えた振付師ソン・ソンドク(写真右)の芽衣子がチェリンだった。ソン・ソンドクはジョングクが中学校の時からダンスを教えたが、アメリカに研修に行った時、芽衣子のチェリンも一緒に連れて行った。この写真だけを見て2人が昔からの知り合いで付き合っているというデマが流れるようになった。2人はただの同じ所属事務所の練習生で、付き合ってはいない。

 

 

 

その後チェリンはBig Hitでデビューすることはできなかったが、AOAの所属事務所であるFNCでCherry Bulletメンバーとしてデビューした。

 

 

 

音楽番組の生放送中にジョングクがチェリンに声をかける場面もあった。女性アイドルとあまり接点がないことで知られているBTSメンバーだけにこのような写真1枚でも噂になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。