(G)I-DLEスジン、校内暴力が関連検索ワードに登場した理由は?

ガールズグループ(G)I-DLEメンバースジンについて最近インターネットでいじめの加害者という噂が流れている。また、ポータルサイトの関連検索ワードにも「校内暴力」というキーワードが登場した。

 

 

 

韓国最大ポータルサイトのネイバーで「スジン」の名前を検索してみると、関連検索ワードに「スジン学校暴力」が検索される。「スジン学校暴力」は本当にあった話なのか?それともただのデマなのか?その真実について調べてみた。

 

 

 

結果から先に話すと「スジン学校暴力」は誤解から生まれたハプニングのようだ。最近、人気のtvNドラマ「女神降臨」で劇中のカン・スジンというキャラクターが主人公イム・ジュギョンをいじめる場面が登場するが、視聴者が加害者の「スジンいじめ」を検索したのが、 同じ名前の(G)I-DLEスジンと誤解され、「スジン学校暴力」キーワードが関連検索ワードに登場したようだ。

 

 

 

しかも、スジンの本名はカン・スジンではなく、ソ・スジンでフルネームも違う。

 

 

 

 

このようなハプニングが起きたのは名前のせいもあるがスジンの強いイメージも影響しているという意見もある。(G)I-DLEのステージでは、カリスマ溢れるとても素敵な姿を見せるが、スジンの印象が強く見えるのは事実だし、また体にタトゥーが多いので 先入観を持ちやすいと言われている。スジンは手の甲にタトゥー1849をはじめ、肩(♡)、首の後ろ(Blue)、腕の後ろ側(self love is bet love)など8ヶ所にタトゥーが目撃されている。

 

 

 

所属事務所は、スジンに関する関連検索ワードを確認後、一日も早く削除を要請しなければならない。このまま放置すると嫌なイメージに定着する可能性もある。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。