GOT7ジャクソン、ロンドンコンサートで海外メディアを批判!

GOT7メンバージャクソンがロンドンコンサートで海外メディアを批判し、話題になっている。

 

1月14日、GOT7ジャクソンはイギリスのロンドンで行われたコンサートで中国を批判した海外メディアに対し、不満を爆発させた。

最近、新型コロナウイルス感染症の初期発病地が中国であることと、中国の感染者が海外入国時に次々に確認されることに対し、世界各国が中国からの入国に関して、新型コロナ関連の水際措置を再導入している。一部メディアは、中国が新型コロナウイルスを統制できず、全世界を危険に陥れていると批判した。

 

 

 

GOT7ジャクソンはコンサート中に世界のメディアが中国のことを知らないくせに中国を批判していると怒った。

コンサート中にGOT7ジャクソンは、「君たち、中国に行ったことある? 君たち、一度でも中国に行ってきたらそんな言葉は出ないと思うよ? 中国の悪口言うな」と話した。

 

ジャクソンの発言内容が中国SNSで話題になり、中国では真の愛国者だと称賛が相次いでいる。しかし、ジャクソンの発言について他の国のネットユーザーらは「あなたがそんなに好きだとほめる中国では共産党検閲のため表現の自由がなく、あんな服染やタトゥーしたり酒瓶を持って公演で批判することさえ許されないくせに」、「自分がそんなに批判する外国では表現の自由が保障されるからコンサート中に海外メディアに対し、怒ることもできる」、「そんなに中国が好きなら中国で活動すればいいのに、海外で活動する理由は何? 新型コロナウイルスのせいで結局活動が禁止されて海外で活動するくせによく言うよ」とジャクソンの矛盾した態度を批判した。

 

ジャクソンは香港出身で、中国政府が海外で活動した芸能人の活動を禁止させ、中国内での活動ができなくなった。これに対し、多くの香港と中国出身のK-POPアイドルたちが中国で活動できず、海外を中心に活動している。

 

 

 

 

「GOT7ジャクソン、ロンドンコンサートで海外メディアを批判!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。