GOT7メンバー全員が再契約なしで JYPと決別、今後の活動計画は?

GOT7メンバー全員が所属事務所のJYPエンターテインメント(以下、JYP)と再契約せずに決別すると、韓国メディア・ディスパッチが単独報道した。記事によると、GOT7は最近JYPと専属契約を断った。2014年1月16日にデビューしたGOT7はデビュー後7年が過ぎ、 2021ゴールデンディスク授賞式が最後のグループ活動になりそうだ。

 

 

ある歌謡関係者は、「GOT7は仲が良い。メンバー同士で一緒にすることについて意見を集めた。しかし、移籍する所属事務所を決めることに意見が分かれた。会社と何度も会議の末、別れることにした」と伝えた。

 

この件についてJYPもすぐに公式発表を行った。

JYPの関係者は「メンバー各自が接触中の事案については確認が難しい」とし、「GOT7再契約関連の当社の立場は整理され次第、すぐにお知らせする」と明らかにした。JYPが公式発表を行う前にJYPとGOT7メンバーはお互いのSNSをアンフォローし、決別の手順を踏んでいることが分かった。

 

 

<GOT7メンバーの状況>

GOT7のメンバー、マーク、ユギョム、 JB、ヨンジェ、ベンベン、ジニョンは今日の午後,再契約しないと報道された後、約束でもしたかのように個人のインスタグラムに同じ写真を上げてハッシュタグ「#GOT7 FOREVER」と掲載した。ジャクソンだけ個人インスタグラムをアップしてないが、ジャクソンは12月31日を最後にインスタグラムを更新していない。

 

 

 

GOT7がJYPと再契約しないと報道された後Twitterのリアルタイムトレンドに「GOT7 FOREVER」が登場した。

 

 

そして、チームの最年長であるマークはTwitterにメッセージを伝えた。

「過去7年間は僕の人生において最高の年でした。終わりはない、ただの始まりに過ぎない。僕たち7人は最後まで引き続き最高のベストバージョンをお見せします」と掲載した。マークはGOT7は終わりがなく、始まりに過ぎない、7人は最後まで一緒にすると新しいスタートをファンたちに知らせた。

 

 

<GOT7メンバーの今後の活動予想>

▶マーク:アメリカに帰ってしばらく休息。

▶JB:有名ヒップホップレーベル及びグローバルレコード会社からのラブコール。

▶ジャクソン:自分が設立したグローバルレーベルを通じて活動。

▶ジニョン:有名俳優たちが集まっているBHエンターテインメントと契約間近。

▶ヨンジェ:サブプライムアーティストのエージェンシーと接触。

▶ベンベン:メイクアースエンターテインメントと接触。

▶ユギョム:パクジェボムが代表取締役を務めるAOMGと接触。

 

 

 

1月10日、ゴールデンディスクでJYP所属のGOT7として最後のステージを行った。GOT7として最後のステージにファンたちは「どこに行っても、選択を尊重して 応援します。そして、必ずまたGOT7として帰ってくる日を待っています。GOT7FORVER」と気持ちを伝えた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。