ITZYリアの校内暴力、警察発表にStray Kidsヒョンジンが一緒に批判される理由は?

ガールズグループ「ITZY」メンバーリアに学生時代暴力を受けたと主張したネットユーザーが嫌疑なしとされた。警察は13日、情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律上の名誉毀損で訴えられた20代女性A氏に対し、嫌疑なしで不送置決定をしたと発表した。しかし、この発表後リアだけではなく、Stray Kidsメンバーヒョンジンも一緒に批判を受けている。

 

 

 

警察は「A氏がオンライン上のコミュニティに掲載した文章は、自分が経験したことを表現しただけで、リアを誹謗するために書いたものとは考えにくい」と判断し、またA氏の書いた文章が虚偽で作成されたと判断する明白な証拠も十分でないと判断した。この結果、リアの校内暴力は事実であることが警察の取り調べで明らかになった。

 

 

 

学生時代リアに暴力を受けたと主張したA氏は今年2月、オンラインコミュニティに「00年生まれの有名女子アイドル学校内暴力被害者です」というタイトルの書き込みを掲載した。A氏は加害者リアはお金を借りて返さないか、何の理由もなく友達をいじめた」と主張した。A氏は当時、リアに会って友達をいじめる理由を尋ねたが、自分もその群れから持続的な暴言を聞き、トラウマができたとも主張した。これに対し、「ITZY」所属事務所のJYPエンターテインメントは、「記事の掲載者を虚偽の流布による名誉毀損で告訴し、現在調査が進められている事案だ」とし、「法的手続きに従い、その結果を待っているところだ」と反論した。

 

JYP側の訴状を受け付けた警察は、A氏を捜査した結果、名誉毀損の疑いを適用するのは難しいと判断した。警察は、A氏がネット上のコミュニティに掲載した文章は、自分が経験したことを表現しただけで、リアを誹謗するためのものとはみなせないと判断した。警察はまた、A氏が書いた文章が虚偽で書いたと見る明白な証拠も十分ではないと見ている。警察の関係者は、「A氏がネット上のコミュニティに書き込みを掲載した状況や書き込みの内容などを総合的に考慮し、名誉毀損の容疑は成立しないと判断した」と語った。

 

A氏は警察に取り調べを受ける際、警察署にはリアに暴力を受けたと主張する人が自分だけではなく、数人いたと話した。また、A氏は昨年もリアに暴力を受けたとオンラインコミュニティに掲載したが、JYPから訴えられたと明らかにした。A氏は昨年と今年、2度にわたってJYPから訴えられたが警察は嫌疑なしで不送置決定をした。

 

 

 

警察がA氏の嫌疑なし発表があった日、普段からJYP所属のアイドルは「真実、誠実、謙遜」が最も重要だと主張してきたJYP社長パク・ジニョンに対し、ネットユーザらはStray Kidsヒョンジン、ITZYリアまで2人も校内暴力の加害者が出たがこれまで主張してきた「真実、誠実、謙遜」の結果がこれなのかとパク・ジニョンを批判した。

 

 

また、現在学生時代の校内暴力を認め、活動を中断したヒョンジンがもうすぐカムバックするのではないかとうわさが流れている。

Stray Kidsは3周年ヒョンジン泣く絵(公式人形)をアップロードした。

 

 

キングダムに出演しているStray Kidsは舞台の準備のためにメンバー同士で指輪を作りに行ったが、ヒョンジンのものまで含め指輪を8個を作り、放送ではこれを一緒に映した。

 

 

 

Stray Kidsのコンテンツにヒョンジン公式人形をフィリックス帽子の後ろに入れて撮影しただけではなく、字幕まで入れて放送に流した。

 

 

 

キングダムファイナル新曲競演ではダンサー8人を立ててヒョンジンの席を空けておいた。

 

 

 

上記のようにヒョンジンのカムバックをStray Kidsが待っていることを度々放送に流しているのでもうすぐカムバックするのではないかとうわさが流れている。しかし、ITZYリアの校内暴力が事実であることが明らかになり、JYP所属アイドルに対する批判が高まっている。しかも、現在活動を中断したヒョンジンの名前まで取り上げられ、リアと一緒に批判されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。