IU&BTSシュガのコラボ曲「Eight」、故SHINeeジョンヒョンとソルリに捧げる歌だった!

同い年のK-POPスター、IUとBTSシュガのコラボで話題を集めた「Eight」が6日、発売直後、各音楽チャートの1位を総なめした。

 

IUとBTSシュガがコラボしたデジタルシングル「Eight」はこの日午後6時に発売された後、午後7時基準でメロン、ジニー、ソリバダ、バックスなど韓国の主要音楽チャートのリアルタイムチャート1位を席巻した。

 

「Eight」は発売直後、メロン音楽配信サイトだけで「Eight」曲を聴いた利用者数は1時間で20万人だったことが分かった。IUとシュガのコラボにより、IUとBTSの曲が音楽チャートで1~15位までランクインするなど底力を見せつけた。

 

 

特に5月7日午前7時基準でメロン音楽チャートでは1~16位がIUとBTS曲がランクインして高い人気を実感させた。

 

IUとBTSシュガのコラボ曲「Eight」は、IUの年齢シリーズの3番目の曲だ。

▶2015年発売した「23歳(Twenty-three)」

(23歳当時の気持ちを表現)

 

▶2017年発売した「Palette」

(25歳の時の話を盛り込んだパレット)

 

▶2020年発売した「Eight」

 

「Eight」はIUとシュガが共同で作詞・作曲したポップロックジャンルの曲。清涼なバンドサウンドに以前より直説的な唱法のIUボーカルが調和し、シュガも共同プロデュースだけでなくフィーチャリングに参加してラッピングを披露した。

 

「Eight」の歌詞の中には、「私たちはオレンジの太陽の下/影なく一緒に踊って/決まった別れなどない/美しかったその記憶で会い/forever young、永遠という言葉は砂の城/別れはまるで災難知らせのようだ」といった歌詞がおぼろげな心象を残す。

 

この曲は作詞・作曲に参加した28歳IUの話でもあり、先にこの世を去った2人の親友、故SHINeeジョンヒョンとソルリに捧げる歌でもあるようだ。

 

 

「Eight」MVを見ると

白いドレスを着た少女がソルリだ

 

IUがソルリにいつも言っていたことは、「ソルリはなんでそんなに肌が白いの?」

肌が白くて髪の毛がサラサラの少女をソルリに描写。

 

少女が崖の上から飛び上がって

 

 

落ちる時少女を救うのはヒトカゲ(英文名はCharmander)

 

 

ジョンヒョンのニックネームがヒトカゲだった

 

 

少女が振り返る時、救われたソルリを見て安心するIU

 

 

MVの中に登場するトカゲは、後に少女(ソルリ)を助けるヒトカゲ(ジョンヒョン)になって、二人が一緒に自由に飛んでいく姿を見てやっと笑うIUだった。

 

「Eight」MVの解釈によっては違う意味になるかもしれないが、親友たちの死を誰よりも悲しんだIU、ジョンヒョンとソルリが自由に空を飛んでほしいという願いを込めて作ったMVだと推測している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。