LE SSERAFIMキム・ガラムのせいで批判されているBTS、そして新しい暴露!

韓国メディアはガールズグループLE SSERAFIM(ルセラフィム)メンバーキム・ガラムの校内暴力について集中報道し始めた。

 

 

韓国の時事番組とニュースでは、キム・ガラムの校内暴力について報道する際、ニュースタイトルを「BTS所属事務所のガールズグループLE SSERAFIM校内暴力論難」、「BTS妹ガールズグループLE SSERAFIM校内暴力論難」というタイトルで報道している。ニュースが報道された後、BTSの名前が頻繁に言及されただけではなく、BTS所属事務所が学校暴力といじめをかばうようなイメージが作られている。これにより、BTS所属事務所のハイブだけでなく、BTSまで批判されている。

 

現在、BTSファンクラブであるARMYたちは、「LE SSERAFIMのせいで、なぜBTSが一緒に批判されなければならないのか分からない」とし、「キム・ガラムの問題を一日も早く解決しなければならない」とし、所属事務所の対応を批判した。

 

 

 

ハイブ側はキム・ガラムの校内暴力に対して「疑惑を正す」と立場を明らかにした。

ハイブは20日、最近オンラインコミュニティで話題になったキム・ガラムが加害者と明示された校内暴力対策自治委員会の結果通知書に対して「キム・ガラムは2018年中学校1年生在学中に校内暴力対策自治委員会に招集され処分を受けることになった。本事案は友人との関係で先に大きな誤りを犯した加害者(被害者A氏)が校内暴力委員会を要請し、むしろ被害を受けた友人のために代わりに出たキム・ガラムが校内暴力委員会加害者と名指しされた事案」と主張した。

 

ハイブ側は「A氏は学校で脱衣中の友人の下着だけを着ていた姿を無断で撮影し、これを他の友人名義のSNSに掲載した。このような行動に激怒したキム・ガラムとその友人たちはA氏に抗議し、この過程でいかなる物理的、身体的暴力行為はなかった」として「むしろA氏は自身の誤りを認めたが、いかなる処罰も受けず、自身に抗議した友人たちを加害者と名指しして校内暴力委員会に回付した。その結果、キム・ガラムと友人1名は校内暴力委員会の処分を受けた」と説明した。

 

また「キム・ガラムむしろA氏がキム・ガラムとの争いを親しい男子学生に伝え、学校外でAと親しい男子学生たちがキム・ガラムに物理的な暴力を行使しようとして脅威を受けたりもした」と話した。それと共に「キム・ガラムは最近までも虚偽事実で苦痛を受けた」として強制転校したという内容は事実ではなく、友人たちに暴力を行使したという話、飲酒と喫煙などをするということも事実ではないと強調した。

 

最後に、ハイブはキム・ガラムを除いた5人組で、LE SSERAFIMの活動をしばらく続けると発表した。

 

 

ハイブ側の公式発表後、オンラインコミュニティにはキム・ガラムに対する新しい暴露が掲載された。

オンラインコミュニティには、キム・ガラムの同級生だと名乗るあるネットユーザーらが、「被害者が一人や二人ではない。ハイブ関係者が学校に来て口止めをしても、あなたがした行動はなくならない」と明らかにした。

 

 

また、別のネットユーザーは、「良心があれば脱退しろ!」というタイトルでキム・ガラムを批判した。ネットユーザーは、「あなたが学校で気に入らなければ悪口を言ったり、すべての友達が見る前で土下座させたり、ショッピングバッグを投げつけるのは日常だった。授業時間に授業雰囲気を壊すいたずらをしたり、数学先生の目の前で悪口を言ったこともまだ覚えている」と掲載した。

 

キム・ガラムと同じダンス部だったメンバーは、キム・ガラムがダンス部に入部した後、皆と話す機会があった。その時、転校してきた理由について本人が明らかにしたが、友達を殴って強制転校してきたと明らかにし、皆驚いた」と伝えた。

 

 

ハイブ側はキム・ガラムに対するデマは全て虚偽事実だと主張しているが、同じ学校に通っていた同級生から暴露が続いており、当分は批判を避けることは難しそうだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。