Mnetサバイバル番組「Kingdom」、年内放送が中止になった理由!THE BOYZファンは激怒!

Mnetサバイバル番組「Kingdom」が事実上、今年は霧散した。すでに「THE BOYZ」が「Road to kingdom(ロードトゥキングダム)」を通じて「Kingdom」進出を確定した中、何のための出演だったのかファンは空しくなった。

 

これに先立ち、韓国メディアはMnet「Kingdom」がラインアップ構築に失敗し、年内放送が不透明になったと報道した。報道によると関係者は数回、「Kingdom」のラインアップを変更せざるを得なかった。

 

 

昨年放送したガールズグループカムバック戦争 「Queendom」がヒットしてMnetは今年ボーイズグループ「Kingdom」の制作を計画した。

 

 

「Kingdom」の出演者を決めるためにPENTAGON、Golden Child、ONF、THE BOYZ、VERIVERY、ONEUS、TOOが参加した「Kingdom」のオーディション番組「Road to kingdom」が放送され、優勝チームのTHE BOYZが「Kingdom」の出場権を獲得した。

 

その後「Kingdom」のラインナップで SEVENTEEN、NCT 127、MONSTA X、NU’EST、ASTRO、SF9、PENTAGON、TXTなど、多くのトップアイドルの名前が取り上げられ、ファンの期待感は高まったが結局、年内の放送が霧散したので来年以降の放送になりそうだ。

 

 

 

◈「Kingdom」の年内放送に失敗した理由

1.キャスティング失敗

業界によると、「Kingdom」の制作チームは、当初計画したラインアップを数回にわたって変えなければならなかったという。「Road to kingdom」の時もキャスティングのことで批判が多かった。SF9、AB6IXなどの出演ニュースが報道されたが、結局霧散し、「Road to kingdom」の制作側は事実無根の公式発表を行った。

 

 

2.アイドルたちの出演拒否

すでに「Road to kingdom」放送を通じて「Kingdom」が多くのアイドルに負担をかけるフォーマットだという事実は明らかだった。人気順位、成績比較、さらに脱落制度まで刺激的な素材で「Road to kingdom」は放映当時も「やりすぎ」という批判が多かった。

「Road to kingdom」放送が終わってから「Kingdom」のラインナップがアイドルファンの間では議論を呼んだ。すでに「Road to kingdom」を通じて自分が応援するアイドルが攻撃されるのを目撃した多数のアイドルファンは「Kingdom」出演確定の知らせに心配するファンも多かった。一部ファンの間では「Kingdom」出演は断るべきだと主張した。

 

ファンにとっては応援するアイドルが他のアイドルと比較され、互いに過度な競争を強いられる「Kingdom」に出て、何の得にもならないと思った。特に「Kingdom」が人気アイドルを対象にラインナップを構成するだけに、彼らが保障された安定性を捨てて「Kingdom」に出る危険に挑戦するのは容易ではないようだ。

 

 

「Kingdom」の年内放送が霧散したことに対し、多くのアイドルファンは歓迎している。しかし、「Road to kingdom」の優勝者であるTHE BOYZは違う。「Road to kingdom」の唯一の優勝特典である「Kingdom」進出権によって自動的にラインナップに合流したTHE BOYZにとっては悲しい知らせとなった。ただ、一部ではTHE BOYが「Road to kingdom」を通じて再発見されるなど、最大限の効果を得ったという意見もある。

 

しかし、THE BOYZが「Kingdom」に進出権を獲得するための努力の一部が霧散したのは事実だ。THE BOYZファンは「何のために脱落制度があったのか」、「THE BOYZだけでなく、一緒に頑張った他のアイドルにも無礼なこと」、「MnetはTHE BOYZをリアリティ番組やカムバックショーを企画すべき」、「頑張って優勝したのに」など、様々な反応を示し、怒りを表した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。