MONSTA X&CRAVITY、Mnet放送に出演禁止か?

Mnetが2021年新年からSTARSHIPエンターテインメント(以下、STARSHIP)所属のアイドルたちを出演禁止させているという噂が流れている。STARSHIP所属のアイドルたちが出演禁止になった理由は、アイドル所属事務所が 言うことを聞かない度に報復として使われてきたMnetのやり方だ。今回はSTARSHIPがターゲットになったようだ。

 

 

 

YGエンターテインメントもMnetともめてきたが、最近Mnetと和解した。STARSHIPはYGエンターテインメントより規模の小さい芸能事務所なのでMnetと最初から相手にもならない。

 

1月14日のM COUNTDOWNは 新年初の生放送を行ったが、1月6日にカムバックしたSTARSHIP所属アイドル、チョン・セウンは出演者リストに載っているはずだったが、出演者リストにはチョン・セウンの名前はなかった。チョン・セウンはMnetオーディション番組 「プロデュース101」出身だったにもかかわらず、チョン・セウンの出演はなかった。

 

 

 

チョン・セウンだけではなく、STARSHIP所属歌手の出演禁止が確実になったのは来週のカムバック予告で明らかになった。1月21日(木)、M COUNTDOWNに出演するアイドル予告が今週の放送中に紹介された。19日にカムバックするONEUSは紹介されたが、同じ19日にカムバックする「クラビティ(CRAVITY)」は予告編に名前はなかった。つまりライン出演者のリストに名前が載っていないことになる。

 

クラビティはSTARSHIP所属のアイドルグループだ。クラビティメンバーの中にもMnetオーディション番組「プロデュース101」に参加したアイドルが4人(ジョンモ、ミニ、ウォンジン、ヒョンジュン)とX1のメンバーも2人(ヒョンジュン・ミニ)もいるにもかかわらず、カムバックステージをMnetが断ったようだ。普段ならあり得ないことなのにMnetがなんでここまで出演禁止という強力な報復手段を使うのかその理由は二つに推測される。

 

 

1.MONSTA XはMnetサバイバル番組「Road to Kingdom」出演を断った

昨年の12月、MAMAで「Queendom」のボーイズグループバージョンの 「Road to Kingdom」を放送するためにStray Kids、ATEEZ、THE BOYZが3チームの出演確定を発表すると同時に2021年上半期初放送をすると発表した。しかし、他のボーイズグループの交渉が難航し、放送制作の霧散説まで出ていた。MnetはSTARSHIPの主力ボーイズグループMONSTA Xに対し、「Road to Kingdom」の出演要請をしたがSTARSHIPが断ったことでかなり怒ったようだ。

 

 

 

2.チャン・ウォニョン、ァン・ユジンがIZ*ONE契約延長を拒否

IZ*ONEのメンバーの中でチャン・ウォニョンとアン・ユジンはSTARSHIP所属だが、IZ*ONEは今年4月に契約が満了する。Mnetの親会社であるCJ ENMはメンバーたちの所属事務所と会って契約延長を要請している。

 

 

STARSHIPはチャン・ウォニョンとアン・ユジンが契約満了後、所属事務所に復帰したら会社で準備中の新しいガールズグループに合流させる計画だった。それでSTARSHIPは2人のIZ*ONE契約延長に難色を示したようだ。

 

 

「Road to Kingdom」にStray KidsやTHE BOYZより、年次が多くて人気が高いアイドルをオファーして番組を作らないといけないMnetだが、現実的にそういう対象はMONSTA X、NCT、SEVENTEEN、GOT7(契約解除)くらいだ。オファーしたアイドルグループはほとんど出演を断ったようだ。それで怒ったMnetが大手芸能事務所より中小芸能事務所であるSTARSHIPを報復のターゲットにしたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。