RAINの所属アイドルCIIPHERを出演させるためにONF放送を延期か!

K-POPアイドルが出演する芸能番組「週刊アイドル」は番組の公式Twitterですでに予告されていたWMエンター所属のボーイズグループ、「ONF(オンエンオフ)」編の放送を突然一週間延期すると発表した。代わりにまだデビューもしていない新人アイドルグループ「CIIPHER」編を「ONF」放送が予定されていた日に放送すると発表し、「ONF」ファンから批判が殺到した。また、「CIIPHER」の所属事務所の社長である歌手Rain(ピ)の影響により番組編成が変更されたことが分かり、Rainを批判するコメントが相次いでいる。

 

 

「ONF」は2月15日、週刊アイドル収録を行い、その収録内容の一部がVLIVEにサプライズイベントとして公開された。

 

 

 

「ONF」メンバーたちは3月3日(水)午後5時に放送される「ONF」編を楽しみにして下さいと番組の宣伝を行った。そして、2月24日(水)待望の初のフルアルバムをリリースすることが決まった。「ONF」がカムバックした後、一週間後に「週間アイドル」が放送されるのでファンの期待も高まった。

 

 

 

 

ところが、2月22日突然「週刊アイドル」公式Twitterに「ONF」の放送日が3月3日(水)から3月10日(水)に延期となったというお知らせが掲載された。突然の発表に戸惑うファンたちは放送日がなぜ一週間延期になったのか分からなかったが、すぐにその理由が明らかになった。

 

 

 

2月22日、歌手Rainと新人アイドルグループ「CIIPHER」が「週刊アイドル」の収録を行い、3月3日(水)、歌手Rainと「CIIPHER」が出演するので楽しみにして下さいと宣伝を行った。

 

 

「CIIPHER」は歌手Rainが社長を務めているレインカンパニー所属の7人組ボーイズグループで、3月15日に正式デビューすることが決まった。

 

 

 

所属事務所の社長が所属アーティストを宣伝するのは当然のことだが、自分の人脈を利用して初のフルアルバムをリリースする「ONF」の放送日を延期させるのは卑怯だ。Rainも「ONF」がカムバックを控えていることを知っているはず。

 

 

 

「ONF」の立場から見ると、 2月24日カムバックするので番組が3月10日に放送されると宣伝効果が落ちるし、2017年にデビューした今年5年目のアイドル「ONF」だが、まだデビューもしていない新人アイドルグループに番組放送日をずらされるのはプライドが傷つく。そして「週刊アイドル」も批判を受けても仕方ない。Rain一緒に出演するという条件に、すぐに「ONF」の放送日を変えてしまうやり方は批判されて当然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。