TWICEツウィ、台湾の家が窃盗被害!盗まれたものは?

28日、台湾のマスコミはTWICEメンバーツウィの実家で窃盗事件が発生したと報道した。

 

 

 

 

窃盗犯はツウィの母親が雇った28歳の女性で家政婦だった。この家政婦は週に一度ツウィの実家を訪問して掃除の仕事をしたが、家族の友達から紹介されたので信頼していたそうだ。

 

 

 

家政婦が二度にわたって盗んだ品物は驚くべきことに宝石や貴重品ではなく、ツウィのサインが入っている写真、TWICEのアルバム、そしてサイン入りの写真集だった。

 

 

 

台湾警察は3日前に家政婦を逮捕し、盗難品を回収した。回収した盗難品の内容はツウィがサインした個人写真62枚、TWICEのアルバム11枚、写真集2冊を收收したと伝えた。窃盗犯は盗んだ品物をネットに掲載して5枚のサイン写真は1セット250元、サインアルバムは1枚2000~3000元(約7千円~1万円)、写真集は1万元(約3万5千円)の価格を策定して販売を試み、実際3000元(約1万円)の収益も上げた。

 

 

 

家政婦は警察の尋問を受けた後、犯罪を自白した。その後、窃盗容疑で司法部へ移送されたが、保釈されて裁判を受けることになった。この事件は台湾ニュースで詳しく取り上げるほど現地では大騒ぎとなった。

 

ツウィの母親は知人紹介だと信じて家政婦を雇ったが、裏切られる結果となった。 盗まれたものは大部分回収されたので不幸中の幸いであった。

 

 

 

ツウィやTWICE所属事務所JYPエンターテインメントではこの事件について言及していない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。