ク・ハラ自殺現場のメモは公開しない、日本報道は「誤報」!

故ク・ハラが残したメモを公開するという日本の報道について、所属事務所側が「事実ではない」と訂正した。

 

11月28日、遺族関係者は韓国メディアの取材に、「日本の一部メディアで手書きメモ公開を置いて遺族と議論しているという記事は、まったく事実ではない」と話し、「メモは公開しない」と述べた。

 

この日午前、日本のメディア「スポニチアネックス」は「遺族がハラのメモの内容の公開を置いて議論している段階」と報道した。スポーツ報知も「家で発見されたメモ最後には、自分を愛していなくてごめんなさい」という内容が書いてあったと報道した。ク・ハラの兄がメモを公開する意向を示していると報道した。

 

しかし、ク・ハラマネージャーは「事実ではない。公開しない」と報道を否定した。日本のファンはニュースコメントに亡くなったク・ハラを追慕した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。