俳優ハ・ジョンウ、「プロポフォール」違法投薬NO!治療目的だった…

俳優ハ・ジョンウが「プロポフォールを違法投薬した芸能人」と報道されたことに対し、ハ・ジョンウ側の弁護人が反論した。

 

18日、韓国検察はハ・ジョンウが、ソウル江南のある整形外科で複数回にわたってプロポフォールを投薬した情況を捕捉し、捜査中だと明らかにした。

 

同日、ハ・ジョンウの所属事務所ワークハウスカンパニーは、「ハ・ジョンウは、顔の部位に傷跡があり定期的に皮膚治療を受けている。そんな中、2019年1月頃のレーザー施術の評判が良い病院院長を紹介され、その院長からハ・ジョンウの皮膚治療を助けたいという積極的な意思があった」と話した。

 

ハ・ジョンウ側は「昨年1月25日から9月までの9~10回程度の強度の高いレーザー手術を受けた。当時の治療を受ける時、院長の判断の下に睡眠麻酔を施行したことが全部で、薬物を乱用した事実は全くない。ハ・ジョンウは、治療にある程度の効果を得た後、その年の秋頃来院を完了した」と病院訪問は確かだがプロポフォールを常習投薬していないと釈明した。

また、「病院へ初めて来院した時に院長からマスクと帽子をかぶって来るように言われ、プライバシーを尊重してくれたので、院長がハ・ジョンウに所属事務所の社長である弟とマネージャーの名前などの情報の提供を言われた時はプライバシー保護のためにだと漠然と考えており、医師のリクエストなので何の疑いもなく、その情報を提供した。

 

その情報を病院で実際にどのように使用したのかは分からないが、ハ・ジョンウとしては治療の事実を隠す何の理由もなかった」と話した。「ただ院長の要求と提供者の同意があったとは言え、軽率に他人の個人情報を提供したことについては深く反省しており、そのため、このような誤解を招いたことに対し、ファンの皆様に心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

ハ・ジョンウ側は、「幸いなことに、病院を予約する過程と、治療後の経過を観察する過程で院長と交わした数ヶ月間のメッセージと院長の要請で同意を得て情報を提供した過程がそのまま確認されるメッセージ内容が残っている。その内訳を見れば、治療目的のために病院に出入りした事実などが明確にされる」と述べた。

 

また、「ハ・ジョンウは、捜査機関が事実確認を要請すれば、積極的に協力する予定だ。その過程で無罪がすべて明らかになると思うので、根拠のない憶測はご遠慮頂きますよう心からお願い申し上げます。ありがとうございます」と伝えた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。