少女時代ティファニー、新型コロナ拡大にアジア人種差別を批判!

少女時代のティファニーが海外で起きているアジアの人々に対する人種差別について言及した。新型コロナウイルス拡大により、アメリカ、ヨーロッパなどでアジア人に向けた人種差別犯罪などが起こっている状況だ。

 

25日午後、少女時代ティファニーは個人インスタグラムで「2020年は私たち皆に情緒的に安定的でない時期」だったと述べた。

 

 

この日ティファニーは「私は家にいるために私の役割をしている。全世界のアジア人が直面している人種差別を見るのが私を悲しませる」とアジア人に向けた人種差別について語った。

 

ティファニーは「こんな時間を通じてすべての人々が何より人間性と愛を記憶してほしい。私たちは一緒に戦っている。世の中には抱擁を必要とする」という言葉を付け加えた。

 

ティファニーが人種差別について言及した内容を掲載した後、ネットユーザーたちは「ティファニーが安全に暮らすことを願うよ」、「愛してるティファニー」、「人種差別は本当に疎ましく、アジア人たちがこんな酷い差別を経験していることを見るのは私をもっと苦しませる。とにかくあなたが元気でいてほしいです」 、「体に気を付けて下さい」と人種差別について様々な書き込みが寄せられた。

 

アイドルグループ少女時代のメンバーとしてデビューして活動してきたティファニーは、音楽活動だけでなく、バラエティ番組の出演などで顔や名前を知らせ、多くの人気を得た。ティファニーは、所属事務所SMエンターテインメントとの専属契約終了後は個人活動を続けている。

 

活動名をティファニーからティファニー・ヤングに変更した後、彼女は海外で主に活動している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。