韓国大邱市、BTSが参加するK-POPコンサート強行に批判殺到!

韓国大邱市が3月8日BTSをはじめ、アイドルグループが参加する大規模なK-POPコンサート「SBS人気歌謡 SUPER CONCERT in 大邱」を強行すると発表して批判が殺到している。

 

大邱市は大勢の海外のファンも会場に訪れることが予想され、新型コロナウイルス防疫対策作りに頭を抱えている。大邱市は3月8日午後7時から大邱スタジアム主競技場で2時間30分間、「SBS人気歌謡 SUPER CONCERT in 大邱」を開催すると14日明らかにした。

 

このイベントは、2020大邱・慶北観光の年の広報と2021の世界のガス総会の成功祈願のために開かれる。このコンサートにはBTSをはじめ、Block Bジーコ、SF9、THE BOYZ、Cherry Bulletなどアイドル10チームが参加する予定であり、2月18~24日の間1次チケット販売が始まる。

 

観覧予想人数はグラウンド1万人、スタンド2万人など、すべての3万人で、海外でも大勢のファンが殺到すると主催者側は予想している。

 

大邱市は最近、新型コロナウイルス感染を心配する声が多かったのでコンサートの延期を検討したが、計画通りにイベントを行うと発表した。

 

大邱市の市長は最近、記者たちと会って、「全世界のファンたちが集まることで懸念の声もあることを知っている」と話し、「座席を実名制に運営して問題があれば追跡できるようにする」と明らかにした。

大邱市は入場者に提供するマスクを準備して、会場の入り口などに熱画像カメラを設置する計画だ。

 

大邱市のコンサート強行の発表にネット上では批判が殺到した。ネットユーザーたちは「新型コロナウイルス感染を心配して学校や幼稚園なども休園しているところがあるのにこのような時期にコンサートを強行するのはあまりにも無責任だ」と大邱市を批判した。特に中国から来るファンを止めないと最悪の事態になりかねないと心配の声が次々と上がってきている。

 

 

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。