BTSジミン「約束」、サウンドクラウド世界4番目の最多ストリーミング大記録!

2018年12月31日に発表した「BTS」ジミンが初の作曲・作詞したソロ曲「約束」が世界最大の無料音楽配信サイト「サウンドクラウド」で世界で最も多くストリーミングされた曲4番目の大記録を打ち立てた。

 

発表当時から24時間最多ストリーミング記録を立て、「ドレイク」の記録を破り「サウンドクラウド」の公式記録を書き直したジミンが作った「約束」は既存の英米ヒップホップ歌手たちの牙城を崩し、時間が経ってもその人気が続き、世界通算4番目に多くプレイされた曲になった。

 

「約束」は現在2億ストリーミング数を超え、K-POP歌手最高のストリーミング記録を打ち立てている。「サウンドクラウド」に発表された「BTS」曲の中で最も多いリツイートとハート数を記録している。

 

2013年「BTS」アルバム「2 Cool 4 Skool」で「Outro: Circle room cypher」の曲作業に参加したジミンは、2014年は非アルバムで「サウンドクラウド」に「クリスマスデー」を発表した。そして、2015年アルバムの「フンタン少年団」、2016年のアルバムからジミンのソロ曲「Lie」まで曲作業に参加し続け、2018年に「サウンドクラウド」に自ら作詞・作曲をまとめた初のソロ自作曲「約束」を発表するに至った。

 

また、今年2020年にリリースした「MAP OF THE SOUL:7」アルバムではプロデューサーの力量まで発揮した「友達」を発表し、アルバム収録曲の中でも高い人気を得ている。

 

一方、26日NAVER VLIVE放送でジミンは自らプロデュースして自作した「友達」の曲作業に関するビハインドストーリーを率直かつ愉快に表現し、当日の放送で700万人の全世界のファンとコミュニケーションするなど熱狂的な時間を過ごした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。