PRISTINギョルギョン、中国で独自活動に所属事務所が訴訟提起!

ガールズグループ「PRISTIN」の所属事務所Pledisエンターテインメント(以下、Pledis)は、「PRISTIN」メンバーギョルギョンに対し、専属契約効力確認訴訟を起こしたことを明らかにした。

 

Pledisは2月19日、「PRISTIN」メンバーギョルギョンに対し、ソウル中央地裁に専属契約効力確認訴訟を起こした。Pledisの代理を務める法務法人地平側は3月25日、報道資料を通じて「ギョルギョンは2019年9月初め、突然Pledisに郵便、メール、メッセンジャーを通じて根拠のない一方的な解約通知書を送り、Pledisおよびソンチャンセ(中国マネージメント会社)職員とのコミュニケーションも避けている」と明らかにした。

 

地平側は「ギョルギョンはその後Pledisを排除したまま、独自に中国でドラマや芸能、CMに出演するなど専属契約に違反した無断芸能活動を非常に活発に行っている。Pledisとしては訴訟を通じて法的対応に臨むしかない。中国マネージメント会社も中国内で既に専属契約履行請求および損害賠償請求訴訟を起こしている」と伝えた。

 

 

次は、Pledisエンターテインメントの公式立場の全文。

1.こんにちは。ギョルギョンの所属事務所である株式会社Pledisエンターテインメント(以下、Pledis)の代理を務める法務法人(有限)地平のキム・ムンヒ弁護士です。

 

Pledisは2020年2月19日、ギョルギョンに対し、ソウル中央地方裁判所に専属契約効力確認の告訴を起こしました。これに対するPledisの公式見解をお伝えします。

 

2.ギョルギョンは、2015年にPledisと専属契約を締結した後、プロジェクトグループ「I.O.I(アイオアイ)」、「PRISTIN(プリスティン)」、および上記グループのユニットグループである「PRISTINV」に所属し、活発に活動しました。また、ギョルギョンは中国に進出し、江蘇衛星テレビのバラエティ番組「疯狂衣橱」シーズン1にレギュラー出演し、iQIYIのバラエティ番組「偶像練習生」にメンターとしてレギュラー出演するなど、活発な活動を続けました。

 

Pledisとギョルギョンの中国マネージメント法人ソンチャンセ文化専売有限公司(以下、ソンチャンセ)は、ギョルギョンの中国芸能活動のターニングポイントともいえる「偶像練習生」と「YOUKU」のドラマ「大唐女法医」に出演させるなど、ギョルギョンの中国芸能活動を積極的にマネージメントし、ギョルギョンが韓国と中国で認められる最高のアーティストに成長できるよう、必要な全ての支援を行ってまいりました。

 

3.しかし、ギョルギョンは2019年9月初め、突然Pledisに郵便、メール、メッセンジャーを通じて根拠のない一方的な解約通知書を送り、Pledisおよびソンチャンセ職員とのコミュニケーションも避けております。

 

4.ギョルギョンはその後、Pledisを排除したまま、独自に中国でドラマや芸能、CMに出演するなど専属契約に違反した無断芸能活動を非常に活発に行っています。 これに対し、Pledisとしては、訴訟を通じてギョルギョンとの専属契約の効力が存続するという確認を求めるなど、法的対応に取り組むしかない状況です。ソンチャンセも中国内で既に専属契約履行請求および損害賠償請求訴訟を起こしています。

 

5.Pledisは専属契約期間中、ギョルギョンが韓国と中国で活発に活動できるように最善を尽くして支援してきましたが、結局ファンの方々と大衆にこのようなニュースを伝えることになり、残念でなりません。

 

法的紛争を進めるしかない状況ですが、Pledisはこれからもギョルギョンとの信頼回復、円満な合意と迅速な紛争終了、早急な芸能活動進行のために今後も努力し続けます。 ありがとうございます。

2020. 3. 25.
法務法人(有限)地平

 

この内容が報道された後、ネット上ではギョルギョンを批判する書き込みが殺到した。

「ほら見ろ、また裏切りやがった。中国人はアイドルグループにしてはいけない」、「何度目の裏切り?EXOもそうだったし、いい加減これからは中国人を芸能界に受け入れるのはやめてください」、「またかよ、K-POPで有名になればすぐに裏切るんだね」、「アイドルグループにこれからは中国人は排除してください」とコメントが寄せられた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。