Wanna One出身パク・ジフン、5月にカムバックか?

 

Wanna One出身のパク・ジフンがカムバックを控えている。

 

22日、パク・ジフン所属事務所の関係者は「カムバックの日程は定かではないが、5月中旬ごろにカムバックを予定している」と明らかにした。

 

続いて関係者は「ミュージックビデオ撮影前であり、アルバム作業は引き続き進めている」と話した。これに先立って昨年、パク·ジフンは「L.O.V.E」に続き「360」を発売し、男性美溢れる舞台を披露した。

 

5ヵ月ぶりに歌手としてカムバックするパク・ジフンがどのような新しい音楽でファンの前に現れるのか期待を集めている。

 

パク・ジフンはドラマ「朝鮮魂胆工作所」では俳優として素晴らしい活躍を見せた。朝鮮初のイメージコンサルタントとして、都城最高のセレブ、コ・ヨンス役を見事に演じたパク・ジフンは演技者としても好評を得た。

 

今後の俳優としてのパク・ジフンの活動について関係者は「現在はアルバム作業に力を入れており、多様な作品を検討している」と伝えた。

 

 

パク・ジフンは韓国人気ドラマ「朱蒙(チュモン)」で子役俳優として活動した。その後、「プロデュース101」シーズン2で最終デビュー組の選抜で2位を獲得し、Wanna Oneでデビューし活発に活動した。

 

ソロ歌手・俳優として存在感を示したパク・ジフンの2020年の活躍に注目が集まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。